2010年  2009年  2008年  2007年  2006年  2005年  2004年  2003年 HOME

2009年 75号 74号   73号  72号  71号  70号  69号  68号  67号  66号  

宮城資料ネット・ニュース 75号(2009年12月15日)

       山元町所蔵史料の保全活動を実施しました

山元町所蔵史料の保全活動

 12月12日と13日の両日、山元町歴史民俗資料館からの依頼による協同事業として、同館所蔵の古文書資料の保全活動を、NPO法人の所在地である東北大学東北アジア研究センター430会議室で実施しました。宮城資料ネットからは2日間で合計25名の参加を得ました。貴重な休日を利用して御参加いただいた皆様に、改めて御礼申しあげます。

 今回保全したのは、仙台藩の重臣であったO家と、その家老職であったO家、および村役人家であったI家とK家の古文書です。各家には、このほかにも歴史資料が残されている可能性があるということで、それも含めた資料全体を保全するための最初の活動として、資料館所蔵分から保全を始めた次第です。

 作業は、中性紙封筒への袋詰めとデジタルカメラによる全点撮影です。初めて活動に参加される方も多かったため、作業の前に初心者向けのガイダンスを実施しました。今回の保全活動では全体の4分の3、約2000点ほどの整理と撮影を完了しました。山元町の方も、作業の大変さと、保全の意義について改めて知ることが出来たということでした。

残りの分については、週2回程度行っている通常の作業の中で整理を進めることにしております。また、今後は山元町域のでの保全活動についても、引き続き協力して進めることにしております。


涌谷町N家資料の保全活動

 去る11月11日、涌谷町N家で同家所蔵資料の所在調査を行いました。宮城資料ネットの活動について報道で知り、自分の家に残された資料についても調べてほしいという依頼でした。事前のお話しでは近代の手紙やはがき類が多いということでしたので、仙台市歴史民俗資料館との共同で保全活動を実施しました。

現地では、事前にお話しのあった手紙・はがき類や、ふすまの下張り文書など約500点ほどの史料を確認しました。分量が多かったこともあり、所蔵者の御了解を得た上で事務局で借用し、現在撮影と袋詰めを進めているところです。

行政との共同事業に加え、最近では、このような形で個人の所蔵者の方から事務局への問い合わせや調査依頼も増えております。フル回転で活動を続けている状況です。今後とも皆ざまの御協力をよろしく御願い申し上げます。


今後の活動予定
 9月に実施した白石市の遠藤家資料の第二次保全活動を、2010年3月に実施する予定です。詳細につきましては日程が近づいたところで御連絡いたします。年度末の御多忙の折ですが、御協力の程よろしく御願い申し上げます。  (佐藤記)

 74号(2009年11月2日)

     山元町O家文書の保全活動を行います参加者を募集します


 宮城資料ネットでは、山元町歴史民俗資料館と協同で、同町のO家文書(仙台藩士)および関連資料の保全活動を、下記の要項で実施することとなりました。

日程 12月12日(土)・13日(日) ※部分参加可場所 東北大学東北アジア研究センター 436会議室(今回は仙台に資料を借用しての活動となります)

内容 古文書資料の整理・撮影その他 学生・院生の方には謝金を支給します

つきましては、活動に参加していただける方を20名程度募集いたします。本メール末尾にある申し込みテンプレートに必要事項を御記入いただいた上で、11月20日(金)までに事務局まで御返信下さい。なお詳細につきましては、参加のお申し込みをいただいた方に別途御連絡いたします。

御多忙のところは存じますが、御協力の程よろしく御願い申し上げます。

なお、事務手続きの都合上、所定の人数に達し次第、申し込みを締め切らせていただきます。あしからず御了承下さい。今回御希望に添えなかった方につきましては、次回以降の機会にご参加いただければ幸いです。

---------------------------------
御名前:
御所属:
御住所:
御電話:
メールアドレス:
参加日程(全日・部分): 
---------------------------------
※メールアドレスについては、事務手続きの都合上、できるだけパソコンのアドレスを御連絡下さい。※御連絡いただきました個人情報は、今後の活動などの御案内に利用することがあります。

 73号(2009年9月24日)

       白石市で資料保全活動を実施しました

 9月21日(月)と22日(火)の両日、白石市教育委員会からの依頼による協同事業として、同市S家所蔵資料の保全活動を実施しました。宮城資料ネットからは仙台、盛岡、山形、東京から22名の参加者を得ました。また、地元の白石古文書を読む会からも12名の皆様に御協力いただきました。貴重な休日を利用して御参加いただいた方に、改めて御礼申しあげます。

 今回保全したのは、仙台藩で家老職を勤める家柄であった遠藤家と中嶋家の資料です。戦国期から昭和期までの長い期間について、一つの家の活動から地域の歴史を解明する手がかりとなるような重要な資料が多数確認されました。資料1点ずつをデジタルカメラで撮影し、中性紙封筒に袋詰めしました。今回は中嶋家資料の全てと、遠藤家資料の3分の2程度、合計で3000点ほどの保全が完了しました。残りの資料についても、白石市教育委員会と協同で保全活動を継続することにしております。地元の皆様からも、引き続き御協力をいただける旨の心強いお言葉を頂戴いたしました。

 御当主からは、史料をきちんと整理することは御両親の念願でもあったが、今回の活動で初めてきちんと整理してもらい、学術的な評価を受けることが出来た旨の謝辞をいただきました。このような所蔵者の方のご期待に添うべく、今後も活動を続けていきたいと思います。
                            
 なお、今回の活動が新聞各紙で紹介されました。
・河北新報2009年9月23日「伊達家重臣遠藤基信あて書状発見 戦国時代の貴重資料」

http://www.kahoku.co.jp/news/2009/09/20090923t15020.htm

・朝日新聞・宮城版同日「4百年前の古文書、伊達家の外交物語る」
http://mytown.asahi.com/miyagi/news.php?k_id=04000000909230004   (佐藤記)

 72号(2009年8月10日)

      岩手県藤沢町S家で資料保全活動を実施しました


 8月8日と9日の両日、岩手県藤沢町S家で資料保全活動を実施しました。仙台や地元の方、さらには東京、神戸から、2日間で合計22名の参加者を得ました。御多忙の中御参加いただいた方には、改めて御礼申しあげます。

 今回の活動では、メールニュース69号でお知らせした、7月8日に古文書資料の返却に訪問した際に資料の所在が確認された土蔵に加え、約100坪ある旧母屋の建物の中にある古文書資料の所在を確認し、中性紙封筒への袋詰めと箱詰めを行いました。

 土蔵と母屋での資料所在確認では、建物の隅々、長持ちやタンス、木箱などの容器一つ一つまで、徹底的に資料の確認を進めました。その結果、数多くの古文書資料を確認することが出来ました。「隠れキリシタンの郷」にあるS家の資料は、『宮城県史』や、50年ほど前に行われた大学の研究者による地域の総合研究で利用されていますが、作業の中では、古いタンスの引き出しに、これまで手つかずと思われるような状態で納められていた、大量の江戸時代の文書も確認することができました。

 ここで確認された資料を、地区にあるカトリック教会を借用して、資料の大まかな固まりごとに中性紙封筒への袋詰めを行い、防虫剤を入れて箱詰めを行いました。当初は撮影を行う予定でしたが、大量の古文書が確認されたため、保全処置に集中することにしました。2日間の作業の結果、ダンボール50箱ほどとなった資料を、土蔵の2階に収納しました。9日は土蔵への収納の段階で雨模様となり、本降りになるのと競争となりましたが、全員の力を合わせ、無事資料をお返しすることが出来ました。

 御当主からは、保全活動への謝意と合わせ、今回確認された資料について、今後の研究などへの活用も大いに期待したい旨のお言葉をいただきました。今後はS家と、一関市博物館と連携しながら、次の保全対応を検討することにしております。

 なお今回の活動には、将来大学の日本史専攻を希望する学部学生の方にも多く参加していただきました。決して楽ではない活動の中で、生の状態の史料に触れ、目を輝かせていたのが、とても印象的でした。 (佐藤記)

 71号(2009年8月3日)

      宮城県白石市で資料保全活動を実施参加者を募集します

 ネット・ニュース70号でお知らせした、宮城県白石市のS家資料の保全活動を、9月21日(月・祝)・22日(火・祝)の両日、白石市中央公民館で実施するはこびとなりました。つきましては、活動に参加していただける方を15名程度募集いたします。下記の申し込みテンプレートに必要事項を御記入いただいた上で、8月21日(金)までに事務局まで御返信下さい。なお、今回の活動は部分参加も可能です。

---------------------------------
御名前:
御所属:
御住所:
御電話:
メールアドレス:
参加日程: 全日 部分( 日)
自家用車の有無:
---------------------------------
※御連絡いただきました個人情報は、今回の調査に関する連絡及び事務手続きに利用いたします。

活動の内容ですが、古文書資料の整理・撮影となります。詳細につきましては、参加のお申し込みをいただいた方に別途御連絡いたします。御多忙のところは存じますが、御協力の程よろしく御願い申し上げます。

なお、現地への移動や宿泊先確保の関係上、所定の人数に達し次第、申し込みを締め切らせていただきます。あしからず御了承下さい。今回ご参加いただけなかった方につきましては、次回以降の機会にご参加いただければ幸いです。

 70号(2009年7月31日)

2009年6〜7月実施の資料保全事業について


 宮城資料ネットでは、被災地などで行政や地元の方と協同して実施する大規模な調査のほか、事務局に個別に寄せられた調査依頼について、事務局及び日常のデータ整理をお手伝いいただいている大学院生が参加して実施しております。その様子については、このニュースでも何度かお伝えしてきましたが、最近は立て続けに調査依頼が入る状況で、活動報告が滞っておりました。そこで、2009年6月と7月に実施された事業を、まとめて御報告いたします。


■各地での資料保全活動

◇登米市・S家資料保全活動

 S家は、江戸時代の後期には村の肝入を勤め、近代初頭には牧畜業の振興に尽力するなどした地域の有力者です。同家の資料については、以前に自治体史や資料保存機関による調査が行われておりましたが、御当主からの御依頼を受け、去る6月22日に事務局2名と会員1名の3名で、同家の土蔵2棟の再調査を実施しました。重なった木箱をかき分け、階段のない土蔵の二階によじ登ったりと、文字通り隅々まで資料を確認したところ、近世から近代初期に掛けての古文書資料数百点と、屏風・ふすまの下張り文書多数が確認されました。

御当主も、「こんなにたくさん資料があったとは」と驚かれるとともに、言い伝えとしてしか知らなかったという、S家の先祖代々の社会活動を証明する手がかりとなる資料が含まれており、大変喜ばれていました。

 確認された資料については、御当主のご了解をいただいて、7月15日に仙台の事務局に借用して整理・撮影を進めることになっております。また下張り文書についても、数多くの近世・近代文書が含まれているようですが、こちらも整
理の御許可を得ておりますので、いずれ下張り文書の保存講座もかねた保全活動の機会を設けることが出来ればと考えております。


◇大崎市・S家での資料保全活動

 大崎市のS家は、かつて徳川家康が宿泊したという由緒を持つ古刹です。昨年の岩手・宮城内陸地震での保全活動に際して、同家から調査・整理を依頼されておりました。4月22日に予備調査を行ったところ、近世初期から昭和戦前期の文書資料多数が確認されたため、7月25日に資料全点の撮影と中性紙封筒への詰め替えを実施しました。事務局2名と会員2名の4名に、大崎市教育委員会の職員2名の御協力を得ました。資料は300点ほどで、今後S家の「歴史資料写真帳」の編集作業を進める予定です。


白石市・S家資料予備調査

 白石市のS家は、仙台藩の奉行職(家老)を代々勤めた家の流れをくむお宅です。同家については、白石市教育委員会の文化財担当者の方が、長持一つ分の資料を確認されていました。所蔵者のお宅では、末永く保存し活用されているよう希望されていることで、白石市の担当者の方から事務局に今後の保全について相談があり、7月30日に事務局2名で現状を確認してきました。

 資料は、蓋に家紋が記され、大人一人が入ることの出来そうな、堅牢な長持にぎっしり詰め込まれておりました。数千点はあると思われます。その一部を確認したところ、戦国期から昭和初期までの資料が確認されました。

 内容の稀少性に加え、今後の保全活動に担当者の方も積極的に対応くださるとのことでしたので、9月19-23日の大型連休中に最初の保全活動を実施する方向で調整しております。詳細につきましては、日程が確定次第、メールニュースにて御連絡差し上げる予定です。御協力の程、どうぞよろしく御願い申し上げます。


交流・広報活動

「罹災文化財の救済処置技術意見交換会」への参加

 すでに一ヶ月以上経過してしまいましたが、6月20・21日の両日、東北芸術工科大学文化財保存修復研究センター(以下「芸工大」)・歴史資料ネットワークの共催で実施された標記の会合に、事務局1名と会員1名で参加してきました。
 
 宮城資料ネットに直接関連した報告として、本法人から芸工大に依頼した加美町S家の焼損資料の修復がありました。かなりのダメージであった冊子資料が、十分に解読できるレベルに修復されていたのは、正直なところ、とても驚き、プロの技術のすごさを改めて認識しました。一方で、修復をはじめる場合、および修復過程に際して、文字内容について情報交換をするような機会があれば、より効率的な修復について検討できるとの意見も頂戴しました。修復事業の目的は、まさしくそのような方法論を協同で検討してゆくことにあり、とても有意義な機会となりました。

 なお、交流会の各報告・タイトルにについては、歴史資料保全ネットワークブ
ログなどをご参照下さい。

史料ネットブログURL http://blogs.yahoo.co.jp/siryo_net/28824230.html


歴史資料保全ネットワーク・ワークショップでの報告

 7月27日、神戸市立六甲道勤労市民センターで開催された、歴史資料保全ネットワーク主催のワークショップで、事務局・佐藤より「「宮城方式」での歴史資料保全技術−「千年後に史料を残す」ための第一歩−」というタイトルで報告および実演を行ってきました。宮城資料ネットによるデジタル撮影の技法については、2007年刊行の文化庁委嘱事業報告書などでまとめられておりますが、今回の報告では、岩手・宮城内陸地震での保全活動の経験をふまえてさらに改良を加えた、特に個別の史料群を対象とした「一軒型」保全活動における史料一点ごとのデジタル撮影の技法を、余すところなく披露してまいりました。

参加者からは、デジタルデータの資料保存全体の中での位置づけに関して、また人員・時間・資金が限定される中で蓄積された方法への評価など、様々な意見をいただくことができました。報告内容の詳細については、いずれ公表の機会を持ちたいと考えております。    (佐藤記)

 69号(2009年7月10日)

      岩手県藤沢町で資料保全活動を実施参加者を募集します


 岩手県藤沢町・S家への資料返却および、現在の資料の保管状況につきましては、昨日のネット・ニュースでもお知らせしたとおりです。その後、御当主や関係機関と協議を行い、8月8日(土)・9日(日)の両日、正式に資料保全活動を実
施することとなりました。つきましては、活動に参加していただける方を15名程度募集いたします。下記の申し込みテンプレートに必要事項を御記入いただいた上で、7月16日(木)までに事務局まで御返信下さい。

---------------------------------
御名前:
御住所:
御電話:
メールアドレス:
御所属:
自家用車の有無:
---------------------------------
※御連絡いただきました個人情報は、今回の調査に関する連絡及び事務手続きに利用いたします。

活動の内容ですが、土蔵の整理と資料の所在確認、および古文書資料の撮影です。なお詳細につきましては、参加のお申し込みをいただいた方に別途御連絡いたします。御多忙のところは存じますが、御協力の程よろしく御願い申し上げます。

なお、移動や宿泊先確保の関係上、所定の人数に達し次第、申し込みを締め切らせていただきます。あしからず御了承下さい。今回ご参加いただけなかった方につきましては、次回以降の機会にご参加いただければ幸いです


 68号(2009年7月9日)

       資料返却事業・返却がはじまりました

資料返却はじまる

 宮城資料ネットでは、2007年2月のNPO法人化後の事業として、かつてある大学教授の方が、宮城県および岩手県南部の旧仙台藩領にある旧家から借用したままになっていた古文書資料の返却を、御遺族に代わって行うことに取り組んでおります。

 作業は、当該の資料の撮影からはじめ、2007年度には撮影を完了しました。2008年度からは画像データを用いて詳細な目録を作成しておりましたが、6月14日の岩手・宮城内陸地震への対応のため、事業は中断を余儀なくされました。その後、今年に入り目録作成作業を再開し、50件ほどの史料群を確認できました。これらのうち、現在の所蔵者が判明したものから順次返却をはじめることとなり、7月5日および8日の両日、最初の返却を始めました。5日が事務局2名と会員1名、8日は事務局2名に加え、返却に際して一関市博物館に仲介をお願いしておりましたので、同館の職員2名の方とともに、各家を訪問いたしました。

 今回返却を行ったのは、5日が栗原市のM家、8日が岩手県藤沢町のS家、同一関市のT家です。S家を除いて、御当主は代替わりされておりましたが、いずれのお宅でも、今回の返却を大変喜んでくださいました。宮城資料ネットの立場は、返却を代行しているというものであるとはいえ、実際の返却に際しては、所蔵者の方たちからの厳しい反応も覚悟していただけに、正直安堵しております。

 一方、いずれのお宅も、これまで大学の研究者や史料保存機関などによる調査が実施されていました。しかし、返却に際して史料の所在を確認したところ、未整理の古文書が多数保管されていることが、新たに確認されました。これらの資料については、改めて宮城資料ネットとして、今後の資料保全を実施させて欲しい旨を申し入れました。いずれのお宅からも、ご了解をいただくことができました。

 M家については、柳行李1箱ほどの資料を、御当主のご了解をえて史料を借用し、仙台の事務局で全点撮影と中性紙封筒への袋詰めを行うことにしております。なおM家は、岩手・宮城内陸地震で、築200年ほどの母屋や土蔵がかなり破損している状況でした。土蔵の中にもまだ何かあるかもしれないが、地震で蔵のとびらを開けることが出来なくなった、というお話しでした。

 また、S家・T家については、一関市博物館と共同で保全活動を進めることになりました。T家については、一旦史料を返却した後、そのまま一関市博物館にお預けいただくとともに、残りの史料についても順次博物館で受け入れ、保全処置を施す予定です。

 一方、S家については、御当主の御許可を得て土蔵を確認したところ、緊急の保全活動が必要な状況であることが判明しました。こちらにつきましては、8月上旬を目途に、本格的な保全活動を実施する予定です。日程など詳細が決まりましたら、メールニュースにて案内する予定です。御協力の程、どうぞよろしく御願い申し上げます。


栗原市での歴史資料保全活動

 5月17日に保全活動を実施した栗原市のG家で、土蔵から新たに資料が見つかったとの御連絡をいただき、7月5日に第二次の保全活動を実施しました。近代の文書資料数十点と、掛け軸類、さらには近世の甲冑などの道具類が確認されました。このうち文書類については、御当主の御許可をいただいて借用し、仙台の事務局で全点撮影と中性紙封筒への収納を実施することにしております。(佐藤記)




 67号(2009年5月17日)

             栗原市で保全活動を実施しました

■ 5月17日、栗原市のG家で歴史資料の保全活動を実施しました。

 今回の活動は、同家からの御依頼によるものです。御当主のお話では、御先祖のことに関心があり、保管されていた柳行李一箱ほどの古文書についても、以前から内容が気になっていたが、価値のあるものかどうかが分かず、処分するかどうか迷っていたということです。そこで、一度専門家に見てもらおうということで、事務局に御連絡いただいたというお話しでした。早速、事務局と研究員、会員の合計4名で調査に出かけてきました。

 資料については、江戸時代初期から近代にかけての古文書資料が200点ほど確認されました。これらの資料を一点毎に中性紙封筒に詰め替え、デジタルカメラで撮影していきました。一日で作業を終わらせるべく、一人カメラ一台で撮影を進め、全ての資料の整理と撮影を終えることが出来ました。今後、事務局や研究員を中心に、撮影したデータを基にした写真帳の編さんなどを進めてゆくことになります。

 資料の内容ですが、同家の御先祖のことや、地域の歴史としてこれまで知られていなかったような事実が記されたものが数多く含まれていました。そのことを御当主にお伝えすると、資料を調べに来てもらって本当によかったと、大変喜んでいただきました。


■理事会・第3回通常総会を実施

 5月10日、NPO法人としての理事会及び第3回通常総会を、仙台市戦災復興記念館で実施しました。多くの方々に御出席いただきましたことに、あつく御礼申し上げます。総会での決議をふまえ、今年度も着実に保全活動を進めてまいりたいとおもいます。皆様の御協力のほど、どうぞよろしく御願い申し上げます。 (佐藤記)



 66号(2009年2月6日)

     岩沼市で保全活動を実施しました。

 去る2月2日と3日の二日間、岩沼市で歴史資料保全活動を実施しました。岩沼市では2008年度より市史編さん事業がスタートしております。今回は、岩沼市史編さん室からの依頼を受け、同市編さん事業の一環として、また岩沼市内の古文書資料の防災対策ということも兼ねて、協同で調査を行いました。宮城資料ネットからの参加者は2日間で合計22名でした。

 作業は、岩沼市の旧家であるA家の古文書資料を1点毎に中性紙封筒に詰め替え、デジタルカメラで全点撮影しました。

 なお、今回の調査には、岩沼市史編さん室長の発案で、「岩沼市史研修」として、岩沼市役所の若手職員11名(2日間合計)の参加を得ました。撮影作業への参加と共に、作業開始前に、事務局から歴史資料を後世に伝えることの意義、防災対策としての資料保全という宮城資料ネットの活動方針について、30分ほどのレクチャーを行いました。事務局の説明が十分なものであったか少し不安ですが、今回の岩沼市史での取り組みは、大変ユニークなものだと感じられ、今後とも継続してほしいと感じた次第です。

 今後の岩沼市史との協力関係については、岩沼市との協議、およびNPO会員の意見もふまえ検討してゆくことになります。一方、自治体史編さん事業で精密な資料所在調査を行うことが、歴史資料の防災という観点からも有効であるということは、昨年の岩手・宮城内陸地震でも経験しております(詳細については後日公刊予定です)。岩沼市史編さん事業での積極的な取り組みに、大いに期待したいと思います。


■活動記録の更新
 岩手・宮城内陸地震発生後の活動記録について、このほど公式サイトにアップロードしました。どうぞ御覧下さい。